会計税務 AtoZ

ホーム » 会計税務 AtoZ

  

06.24.2022 | カテゴリー, Tax

Internal Revenue Service(内国歳入庁、以下“IRS”)は未処理となっている申告書について年末までに処理する意向を示しています。しかし、未処理の申告書は山積しており、4月末時点での未処理の申告書は、2021年および2022年にIRSが受領した、紙による郵送での個人税務申告書が670万件、個人税務修正申告書(Form 1040-X)が23...
詳しく見る

  

06.24.2022 | カテゴリー, Tax

Internal Revenue Serviceの申告書処理状況 Internal Revenue Service(内国歳入庁、以下“IRS”)は未処理となっている申告書について年末までに処理する意向を示しています。しかし、未処理の申告書は山積しており、4月末時点での未処理の申告書は、2021年および2022年にIRSが受領した、紙による郵送での個人税...
詳しく見る

  

06.10.2022 | カテゴリー, Tax

寄付をしよう考えている慈善団体 (Charitable Organizations) の情報が必要な場合は、内国歳入庁(Internal Revenue Service)のオンラインサーチ(Tax Exempt Organization Search)をご利用いただけます。 https://apps.irs.gov/app/eos/ こちらの...
詳しく見る

  

05.27.2022 | カテゴリー, Tax

米国においては自宅住居の売却について税務上優遇措置があります。個人所得税申告書での申告ステータスが独身であれば、自宅売却益のうち、$250,000、夫婦合算であれば、 $500, 000 まで非課税とされ、課税所得に含める必要がありません。自宅住居の売却について優遇措置の恩恵を受けるには、「主たる居住テスト」の条件を満たす必要があります。すなわち、売却前の5...
詳しく見る

  

05.13.2022 | カテゴリー, Tax

ボーナス減価償却 ボーナス減価償却にて償却を行うことで法人は大幅な連邦税の節税ができる可能性があります。2022年12月31日までに購入し、使用を開始した新規および中古の適格固定資産(MACRS法の償却の対象となるビジネスに使用する機械や設備で、償却期間が20年以下の資産や、3年で償却されるソフトウェア)については全額を一括償却することができるためです...
詳しく見る

  

04.29.2022 | カテゴリー, Tax

Internal Revenue Service(内国歳入庁、“IRS”)は2021年の9月と11月にフォームW-8BEN、W-8BEN-E、W-8ECIならびにW-8IMYのアップデートを公表しました。2019年12月に公表された内国歳入法第3章ならびに第4章の最終規則(TD9890)を反映したものとなっています。   W-8BEN、W-8...
詳しく見る

  

04.26.2022 | カテゴリー, Tax

Internal Revenue Service(内国歳入庁、以下“IRS”)の税金に対する金利は、それまでの21カ月間変動はありませんでしたが、2022年第二四半期より引き上げられています。 連邦準備制度理事会による金利引き上げの兆候が示されていることもあり、今年、もしくは来年、IRSが更なる金利引き上げを行うことが予想されます。 未納税に対するIR...
詳しく見る

  

04.15.2022 | カテゴリー, Tax

2021年にInternal Revenue Service(以下“IRS”)から交付された通知は個人納税者による計算ミスを是正するためのものが数多く影響していたようで、その数は1450万通にも上る記録的なものとなりました。前年の2020年に交付された通知が100万通を超えない部数であったことと比較すると、膨大な数だったと見受けられます。その多くが個人所得税...
詳しく見る

  

03.25.2022 | カテゴリー, Tax

F, J, M. Q等のビザで米国に滞在する、Teacher、Trainee、Researcher、Studentの場合は、米国税法上、”Exempt Individual” とみなされ、”Exempt Individual”としての特別なルールの適用により、例外を除き、米国非居住者として申告することになります。ここでは、申告身分の決定、 ”Exempt ...
詳しく見る

  

03.18.2022 | カテゴリー, Tax

米国市民・永住権保持者が市民権・永住権を放棄する場合には、国籍離脱税の対象となる可能性があります。全ての人が対象となる訳ではなく、市民と長期にわたって永住権を保持した人(Long-term residents) が対象となってきます。長期永住権保持者とは、過去15年間に8年以上永住権を保持していた場合が該当します。そして、この市民と長期永住権保持者の内、以下...
詳しく見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ