会計税務 AtoZ

ホーム » 会計税務 AtoZ

  

04.06.2020 | カテゴリー, Tax

コロナウイルス禍により米連邦政府は様々な対策を取っておりますが、その中で特筆すべき法案が今回公布されました。2020年3月27日、トランプ大統領はCOVID-19対策としておよそ2兆ドルの巨額ともいえる経済対策法案Coronavirus Aid, Relief, and Economic Security Act(CARES 法への署名を行い、発効されること...
詳しく見る

  

03.26.2020 | カテゴリー, Tax

2020年3月13日、米国大統領がCoronavirus disease 2019に対するthe Robert T. Stafford Disaster Relief and Emergency Assistance Actの下においてEmergency Declarationを行いました。それに反応する形で内国歳入庁(IRS)はNotice 2020-17...
詳しく見る

  

12.17.2019 | カテゴリー, Tax

Internal Revenue Services(内国歳入庁)がRev. Proc. 2019-44によりインフレーション調整による2020年の税調整額の変更を発表いたしましたのでお知らせいたします。 [pdfjs-viewer url="https%3A%2F%2Fwww.eosllp.com%2Fwp-content%2Fuploads%2F...
詳しく見る

  

07.24.2019 | カテゴリー, Tax

  2019年7月17日前日の決議動議を受け上院議員会において日米租税条約改正議定書に加えその他3か国の租税条約改正議定書が超党派により可決されました。 2017年、弊事務所のNews letterにて2013年に日米により改正議定書が相互承認されたにもかかわらず米国議会での承認がなされずに棚ざらし状況になっている理由につきご紹介いたし...
詳しく見る

  

01.23.2019 | カテゴリー, Tax

2018年度個人確定申告   2018年度個人確定申告の時期となりました。 2017年12月に米国税制改革法案(Tax Cuts and Jobs Act) が トランプ大統領によって署名され法制化されたことにより、2018年度個人確定申告の内容が大きく変わります。ここでは、2018年度申告に直接影響を及ぼすであろう改正項目として...
詳しく見る

  

07.25.2018 | カテゴリー, Tax

昨2017年12月22日、トランプ大統領の署名によって成立した米国税制改正は従来の米国税制度を根本的に見直す重要な内容を含んでいます。特に、国際税務の領域では、参加免税制度の採用により、これまでの全世界課税制度よりテリトリアル課税制度(源泉地国課税制度)への移行を示すものとして注目されます。この制度移行によって、米国法人が特定の外国法人を所有する場合、当該...
詳しく見る

  

07.05.2018 | カテゴリー, Tax

先日2018年6月21日におきまして米国最高裁判所にてサウスダコタ州とウェイフェアー社(インターネット小売業者)と(South Dakota v. Wayfair, Inc., No. 17-494)の係争にかかわる判決が下されました。この判決はサウスダコタ州に有利な判決となっており、特に注目すべき点は現在多くの会社が依拠しているかつての有名な判例、ノースダ...
詳しく見る

  

05.04.2018 | カテゴリー, Tax

米国(特にカリフォルニア州)で活動されている企業に有用な税務関連事項をまとめてみました。個人所得税、法人税、資産税やユニタリータックスなど、簡単にまとめてあります。一般論ではありますが、皆様のお役に立てることができれば幸いです。 給与関連の税金 米国で従業員を雇用する場合には、雇用主は、従業員の給与にかかる税金の源泉徴収義務、給与関係税の納税報告義務...
詳しく見る

  

02.14.2018 | カテゴリー, Tax

昨年12 ⽉22 ⽇にトランプ⼤統領が署名を⾏ったことにより、2018 年1 ⽉1 ⽇より新税制が施 ⾏されたこと皆様ご存知と思います。今回の税制改⾰は確定申告の⼤幅な簡素化、および⼤幅 な減税がうたい⽂句のため、皆様の関⼼も⾼く、どのような影響が及ぶのかへの興味も⼤きい かと思います。様々なメディアで⼤きく取り上げられていますので、いろいろな⾯からの...
詳しく見る

  

01.08.2018 | カテゴリー, Tax

  約30年ぶりとなる大きな税制改正案(改正法)が大統領の署名をもって発布されました。   今回の改正法は、通常の立法方法である議会の60%以上の賛成による法律成立ではなく、この改正法による今後10年間の税収減が$1.5兆ドル以下であるという法律を成立させることにより単純過半数で立法が可能になるという方法を選択しているた...
詳しく見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ