会計税務 AtoZ

ホーム » 会計税務 AtoZ

  

09.16.2022 | カテゴリー, Tax

米国内国歳入庁(Internal Revenue Service)と米国司法省(The U.S. Department of Justice)は、未報告の外国金融口座を積極的に調査しており、前年のいずれかの時点で総額が 10,000 ドルを超えた場合、米国の口座所有者に毎年期限までに報告するよう促す努力を重ねてきています。  2021 年の外国金融口座...
詳しく見る

  

09.02.2022 | カテゴリー, Tax

米国市民および米国が租税条約を締結している国の国民で米国永住権保持者を含む米国居住者は、1/1から12/31まで通年米国外で働きその居住国のBona Fide Resident (実質上の住民)である場合、もしくは連続する任意の12か月間のうち丸330日(*1)以上を米国外の特定の国に居住した場合、その居住国での所得を一定額まで(2022年の場合は$112,...
詳しく見る

  

08.19.2022 | カテゴリー, Tax

個人税務申告書 (Form 1040) の修正を必要とする納税者の方々に向けて、ここに幾つか参考となる情報をご紹介致します。還付金の請求等で修正申告をする場合、通常、元の申告書の提出日、或いは当初の提出期限の遅い方から3年以内が修正期間となります。複数年に亘って修正申告をする場合は、各年毎に個人税務修正申告書 (Form 1040-X) を別途作成する必要が...
詳しく見る

  

08.05.2022 | カテゴリー, Tax

ビジネスのために利用する車にかかる費用として、Internal Revenue Service(内国歳入庁、以下“IRS”)は2つのうちいずれかの計算方法により算出した費用を控除可能としています。例えば個人所有の車をビジネスで利用する場合にこれらの計算方法を適用して控除する費用の計算ができます。  実費 (Actual Car Expenses) ...
詳しく見る

  

08.01.2022 | カテゴリー, Accounting

新リース基準 ASC 842 Leases 新リース会計開発経緯 借手の会計処理 要約 旧リース会計のおさらいと新リース会計(イメージ) 実務対応 リース会計の範囲と適用単位 リースの分類 リース期間 リース料 割引率 リース要素と非リース要素の分離 適用単位への対価の配分 当初認識...
詳しく見る

  

07.22.2022 | カテゴリー, Tax

留保金課税(Accumulated Earnings Tax ) 留保金に関して税務調査を受けるリスクが高まってきているのは、連邦法人所得税の低税率が原因であるという指摘があります。   2017年の税制改正法により、法人税の税率が一律21%に引き下げられました。個人所得税の最高税率である37%と比較すると、この21%...
詳しく見る

  

07.08.2022 | カテゴリー, Tax

今夏、コロラド州で仮想通貨での納税が可能に 現在、Internal Revenue Service(内国歳入庁、以下“IRS”)に対する連邦税の支払いに仮想通貨を使用することは出来ません。しかし、コロラド州では、州税の支払いや州の認可やライセンス料の支払いに仮想通貨が使用できるようになります。コロラド州では、このプログラムを今夏にも導入す...
詳しく見る

  

06.24.2022 | カテゴリー, Tax

Internal Revenue Service(内国歳入庁、以下“IRS”)は未処理となっている申告書について年末までに処理する意向を示しています。しかし、未処理の申告書は山積しており、4月末時点での未処理の申告書は、2021年および2022年にIRSが受領した、紙による郵送での個人税務申告書が670万件、個人税務修正申告書(Form 1040-X)が23...
詳しく見る

  

06.10.2022 | カテゴリー, Tax

寄付をしよう考えている慈善団体 (Charitable Organizations) の情報が必要な場合は、内国歳入庁(Internal Revenue Service)のオンラインサーチ(Tax Exempt Organization Search)をご利用いただけます。 https://apps.irs.gov/app/eos/ こちらの...
詳しく見る

  

05.27.2022 | カテゴリー, Tax

米国においては自宅住居の売却について税務上優遇措置があります。個人所得税申告書での申告ステータスが独身であれば、自宅売却益のうち、$250,000、夫婦合算であれば、 $500, 000 まで非課税とされ、課税所得に含める必要がありません。自宅住居の売却について優遇措置の恩恵を受けるには、「主たる居住テスト」の条件を満たす必要があります。すなわち、売却前の5...
詳しく見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ