会計税務 AtoZ

ホーム » 会計税務 AtoZ

  

10.15.2021 | カテゴリー, Tax

内国歳入庁 (IRS) は、給与税の支払いを猶予する税制措置について、その対象となる雇用者及び個人事業主に向けて通知をしています。昨年のコロナウイルス支援∙救済∙経済安全保障法 (CARES法) の制定を受けて、雇用者は同法の施行された2020年3月27日から、同年12月31日までの期間に支払われる必要のあった、従業員の給与所得に対する社会保障税の雇用者負担...
詳しく見る

  

10.01.2021 | カテゴリー, Tax

事業用車両の購入者のための税務上の優遇措置は複数あります。 2021年度においては乗用車の年間の減価償却額の上限が前年度よりやや上昇します。 ボーナス減価償却にて償却を行う場合、2021年度中に初めて使用を開始した新車、中古車ともに初年度の減価償却額の上限は$18,200となります。 二年目、三年目における減価償却額の上限はそれぞれ$16,400、$...
詳しく見る

  

09.17.2021 | カテゴリー, Tax

万が一、確定申告書の情報を紛失した場合でも、心配はいりません。個人のものであればInternal Revenue Service(内国歳入庁、以下“IRS”)の下記ウェブサイトにあるGet Transcriptという無料のオンラインツールを使い、タックストランスクリプト(申告書の主要データをまとめたもの)を閲覧し、すぐに印刷することができます。  ht...
詳しく見る

  

09.03.2021 | カテゴリー, Tax

バイデン大統領は、Internal Revenue Service(内国歳入庁、以下 “IRS”)への予算拠出額を引き上げることで税の格差を是正しようと働き掛けていますが、その取り組みは容易ではありません。 企業や高額所得者に対する税務調査を増やすために、IRSに数百億ドルを拠出するという提案は、超党派の上院インフラ計画から除外されました。 IRSにより多く...
詳しく見る

  

08.30.2021 | カテゴリー, Tax

予備知識: 各州税についての説明前に、知っておいていただきたい何点かの項目を以下に示します。 アメリカで会社を設立する際の企業タイプにはさまざまな選択肢がありますが、一般的に、米国での事業主体の種類としては、C Corporation、S Corporation、Limited Liability Company、Partnershipがあります。会社の...
詳しく見る

  

08.20.2021 | カテゴリー, Tax

期限通りに申告したにも関わらず、2019年、2020年度の申告書の還付金をまだ受け取っていない状態ですか。  気休めになるかどうか分かりませんが、多くの人が同じ状況です。  本年6月25日時点で、手作業による処理が必要な1,670万件もの2019年と2020年度個人申告書が、まだInternal Revenue Service(内国歳入庁、以下 ...
詳しく見る

  

07.22.2021 | カテゴリー, Accounting

米国財務会計基準審議会(FASB)は、Accounting Standards Codification (ASC)にコード化されている米国会計基準(USGAAP)を改訂・改善・明確化するために、会計基準アップデート(ASUs)を定期的に公表しています。EOSでは、今後適用される新会計基準として公表されたASUをまとめています。 印刷やダウンロードされ...
詳しく見る

  

06.28.2021 | カテゴリー, Tax

2021年3月11日に成立した「 American Rescue Plan Act of 2021(米国救済計画法)」により、申告年度2021年の扶養子女税額控除(Child Tax Credit)の内容が下記の様に変更になりました。 旧 新 控除額 17歳未満の子女: $2,000 6歳未満の子女:$3,600 18...
詳しく見る

  

03.02.2021 | カテゴリー, Tax

2020年11月、弊事務所ニュースレターにおいて接待交際費に関する最終規則で飲食費を除くビジネス目的遊興費・交際費の全額否認についてご案内いたしました。その中で飲食費に関しましては贅沢で浪費的でないことを条件に50%まで控除可能とご説明しています。 [pdfjs-viewer url="https%3A%2F%2Fw...
詳しく見る

  

12.03.2020 | カテゴリー, Tax

2020年も残すところひと月あまりとなりましたが、企業の皆様にも関心の高い法人税最少化とキャッシュフロー最大化のため、年末までに検討すべき項目について概略をご説明いたします。特に考慮すべき事項として納税者救済のため2020年に制定されたCARES法やSECURE法の活用が挙げられます。 昨今の米国大統領選挙の結果の影響も考慮する必要があります。選挙の勝者と...
詳しく見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ