EOSについて

ホーム » EOSについて » EOSについて

EOSについて

EOS会計事務所(EOS Accountants LLP)は、1996年の設立以来、アメリカで活躍する日系企業を中心に多国籍企業への会計・税務サービスを提供してまいりました。当事務所は米国4大会計事務所の一つであるアーンスト・アンド・ヤング(Ernst & Young LLP)の日本企業部の一部が独立する形でニュージャージー州に設立され、現在全米に7拠点および日本に駐在員事務所を展開し、活動を行っています。

EOSは大手会計事務所と遜色のない質の高いサービスをリーズナブルなフィーで提供することを社是にしています。会計・税務は日本本社でも専門の方が担当する部門であり、多くの日系企業にとって、アメリカに進出する際にはどうしても人材など経営資源に限りがあることが一般的です。そのような場合に、小回りがきき、かつ、質の高いサービスをできるだけ分かり易く提供し、お客様が本業に力を傾注できる状況を作り出すサポートをすることが私どもの使命です。

初めてアメリカで事業を開始される方にとっても、また既にアメリカで事業を進められている方にとっても、いつでも気軽に質問ができるプロ集団となるよう心がけており、またお客様と一緒に成長していけることを何よりの喜びと考えている事務所です。

事務所体制

お客様により良いサービスを提供する為に、全米くまなく網羅している各事業所間でのコミュニケーションを密にし強い連携をモットーに日々努力しています。

プロフェショナルの多くは、4大会計事務所の出身者で、米国および国際会計・税務分野での豊富な経験を有しています。日英バイリンガルのプロフェッショナルも多数在籍しています。

事務所間での連絡を密にすることにより、会計・税務との連携を強化し、どのような規模のお客様にも、ニーズに合せたきめ細かなで親身なサービスをご提供することができます。

全米各事業所からのパートナーによるコンファレンスコールを定期的に行い、会計・税務などの情報のアップデートやお客様の問題点などについても意見の交換を随時しています。スタッフのトレーニングも各人が積極的に参加し、現場での力になるものを定期的に行い、事務所のレベルアップを常に図っています。新しいお客様につきましても、事業所の所在地にかかわらず、インダストリーの経験を踏まえながら、適材適所の人材を選択し担当チームに加えています。

全米において密な連絡網を有していますので、事務所全体としてお客様にサービスさせていただく体制を整えています。

また、東京駐在員事務所を軸に、クライアントの日本の親会社や日本の監査法人との情報共有もスムースに行える体制を整えています。

EOSは、グローバルに活躍するお客様の多様なニーズに合った、より確かなサービスをご提供いたしています。

EOSのボランティア活動など

お客様へのサービスに加え、地元への参加、社会貢献活動などに力を入れています。私どもの属する社会・地域をより良いものにするため、可能な範囲で個人レベルから事務所レベルまでの活動をサポートしています。地元大学でのキャンパス・リクルート・イベントへの参加、積極的採用はもちろん、地元スポーツイベントへの事務所としての参加、ボランティア活動へも力を入れています。

また、コロナ禍の経験から、慈善団体への寄付をスタッフ個人が自由に支援先と金額を決め、加えて事務所としてマッチアップすることで、スタッフそれぞれの多様性の尊重と、社会への恩返しの心を実践しています。

最新のお知らせ

Latest News

EOS主催セミナー、新サービス、ジョブフェアへの参加など
EOSの最新活動をお知らせしております。

キャプティブ保険会社の監査及び税務申告サービス開始のお知らせ

日本企業によりハワイに設立されるキャプティブ保険会社は近年増加傾向にあります。我々EOS Accountants LLP(EOS会計事務所)は、日本企業の皆様からのご要望に応えるた...
もっと読む...

弊事務所パートナーの土屋雅庸が執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。

弊事務所パートナーの土屋雅庸が、「会計士から見た、賢い会計士の使い方」の表題で執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。是非一度ご拝読ください。 ...
もっと読む...

全てを見る

会計税務 AtoZ

Acounting and Tax AtoZ

会計・税務に関する最新トピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

CARES法に基づく給与税の支払い猶予

内国歳入庁 (IRS) は、給与税の支払いを猶予する税制措置について、その対象となる雇用者及び個人事業主に向けて通知をしています。昨年のコロナウイルス支援∙救済∙経済安全保障法 (...
もっと読む...

事業用車両の購入における税務上の優遇措置

事業用車両の購入者のための税務上の優遇措置は複数あります。 2021年度においては乗用車の年間の減価償却額の上限が前年度よりやや上昇します。 ボーナス減価償却にて償却を行う...
もっと読む...

全てを見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ