日本のお客様から多く寄せられるご質問

ホーム » よくあるご質問 » 日本のお客様から多く寄せられるご質問

日本のお客様から多く寄せられるご質問

EOSでは 初めて米国で事業を開始される方にとっても、また既に米国で事業を進められている方にとっても、いつでも気軽に質問ができる事務所となるよう心がけてい ます。
日本のお客様から多く寄せられるご質問について下記ご覧ください。

公認会計士の発行する報告書は以下の3つに大分されます。

監査報告書(Independent Auditor’s Report):実査、立会、確認をはじめとする監査手続きを実施して、財務諸表の整合性について監査報告書上で客観的意見を表明します。監査には法定監査と任意監査があります。法定監査は主に上場企業に義務付けられています。任意監査は、会社の任意の下で行われるものです。例えば、日本の上場企業の米国子会社は米国では非上場であるため法定監査は義務付けられていませんが、日本での連結監査の一環で米国子会社が監査を受けるような場合です。他の理由としては、銀行等金融機関や取引先の要求により行われる場合もあります。EOSではリスクアプローチで組織内に存在するリスクを把握するという内部統制の評価からはじまり、リスクレベルに合わせた効率的な監査を実施しています。

レビュー報告書(Review Report):主として財務数値の比較分析、および経理担当者への質問からなるレビュー手続きを実施し、その結果、財務諸表に重大な修正を要する項目が発見されなかったかどうかという、いわば消極的な発見事項を報告するものです。

コンピレーション報告書(Compilation Report):会社より提出された数値等に基づき、公認会計士が財務諸表の作成を補佐した場合にコンピレーション報告書を発行いたします。財務諸表の表示は会計原則に準拠して作成されますが、会社から提出された数値等の検証を行わないため、財務諸表の適正性については何ら確証を与えるものではありません。

経理未経験のご担当者に分かりやすいように米国会計基準を説明します。日本の本社の経理部担当者、また日本の本社の会計監査人とも円滑にコミュニケーションをとりますので、安心してEOSの担当者にお任せください。

全く問題はありません。通常、親会社の会計監査事務所はそれぞれの海外子会社の重要性を分析し、グループ会社の監査インストラクションを作成します。インストラクションを基に、アメリカ子会社の監査・レビュー・もしくはコンピレーションの作業を行います。報告書の作成、また会議や電話・メールでのコミュニケーションも日本語でも対応可能です。

最新のお知らせ

Latest News

EOS主催セミナー、新サービス、ジョブフェアへの参加など
EOSの最新活動をお知らせしております。

キャプティブ保険会社の監査及び税務申告サービス開始のお知らせ

日本企業によりハワイに設立されるキャプティブ保険会社は近年増加傾向にあります。我々EOS Accountants LLP(EOS会計事務所)は、日本企業の皆様からのご要望に応えるた...
もっと読む...

弊事務所パートナーの土屋雅庸が執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。

弊事務所パートナーの土屋雅庸が、「会計士から見た、賢い会計士の使い方」の表題で執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。是非一度ご拝読ください。 ...
もっと読む...

全てを見る

会計税務 AtoZ

Acounting and Tax AtoZ

会計・税務に関する最新トピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

CARES法に基づく給与税の支払い猶予

内国歳入庁 (IRS) は、給与税の支払いを猶予する税制措置について、その対象となる雇用者及び個人事業主に向けて通知をしています。昨年のコロナウイルス支援∙救済∙経済安全保障法 (...
もっと読む...

事業用車両の購入における税務上の優遇措置

事業用車両の購入者のための税務上の優遇措置は複数あります。 2021年度においては乗用車の年間の減価償却額の上限が前年度よりやや上昇します。 ボーナス減価償却にて償却を行う...
もっと読む...

全てを見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ