組織と体制

ホーム » 採用情報 » 組織と体制

組織と体制

EOSで働くことの大きなベネフィットは小回りの効くサービスをアメリカで活動する日本の企業に日本語と英語でサポートすることにあります。中堅会計事務所という立場から様々な業種の企業を担当することにより、また、会計士として多くの経験を積むことにより、広く深い専門知識を得ることが出来ます。

業務部門とチームのスキーム

EOSは大きく分けて、税務、監査のそれぞれの業務を行う二つの組織に分かれています。

各部門は

スタッフ → シニアスタッフ → マネージャー → シニアマネージャー → プリンシパル → パートナー

というスキームで構成されています。
シニアスタッフはスタッフのサポートを、マネージャーはスタッフとシニアスタッフのサポートをといったサポートシステムとなっています。

幅広い業務を経験してキャリアアップを図る

税務、監査、その他様々な業務に携わることによって、将来のキャリアプランをたてていくことが出来ます。

各自のパフォーマンスを年次評価

各自の業務評価は毎年行われ、個々の能力に見合ったポジション、給与額が決定、支給されます。
勿論、スタッフそれぞれの能力向上を会社として積極的に支援。個々のスキルアップを推奨して社内研修会を積極的に取り入れています。

仕事ですから、当然厳しさもありますが、当事務所には、何をしたらいいか困っている若手には周りから常にフォローが差し伸べられる環境があると自負しています。その分、任された仕事は責任を持ってやり遂げ、その先の仕事を主体的に求める人であれば、成長も早いのではないかと思います。

最新のお知らせ

Latest News

国際会計・税務に関する最新のトピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

キャプティブ保険会社の監査及び税務申告サービス開始のお知らせ

日本企業によりハワイに設立されるキャプティブ保険会社は近年増加傾向にあります。我々EOS Accountants LLP(EOS会計事務所)は、日本企業の皆様からのご要望に応えるた...
もっと読む...

弊事務所パートナーの土屋雅庸が執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。

弊事務所パートナーの土屋雅庸が、「会計士から見た、賢い会計士の使い方」の表題で執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。是非一度ご拝読ください。 ...
もっと読む...

全てを見る

会計税務 AtoZ

Acounting and Tax AtoZ

国際会計・税務に関する最新のトピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

Accounting Standards Updateの概略

米国財務会計基準審議会(FASB)は、Accounting Standards Codification (ASC)にコード化されている米国会計基準(USGAAP)を改訂・改善・明...
もっと読む...

扶養子女税額控除(Child Tax Credit)の前払いについて

2021年3月11日に成立した「 American Rescue Plan Act of 2021(米国救済計画法)」により、申告年度2021年の扶養子女税額控除(Child Ta...
もっと読む...

全てを見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ