業務内容

ホーム » EOSのサービス » 業務内容

業務内容

EOSのメインミッションはアメリカで活躍する日本企業および個人事業主のアメリカでの事業展開サポートです。
会計、税務の分野において、日系ビジネスに精通した専門家による質の高いサービスを大手会計事務所と比較してリーズナブルなフィーにてご提供しています。

対象となるお客様

当事務所では、主に次のようなお客様へのサービス充実を図っています。

法人の
お客様
  • 日本の上場、非上場企業の既存の米国子会社、孫会社、関連会社、米国支店、ジョイントベンチャー(JV)
  • これから米国市場に進出予定の会社
  • 会計あるいは税務上のアドバイスを求めているアメリカあるいは日本の会社
  • 会計アウトソーシングや税務コンプライアンス・アウトソーシングをお考えの米国あるいは日本の会社
  • 移転価格同時文書化サービス、国際税務コンサルティングをお求めの会社
  • 日系非営利(ノンプロフィット)団体
  • キャプティブ保険事業をハワイ州で展開予定の会社
個人の
お客様
  • すでに米国で事業をしている個人事業者
  • これから米国市場に進出予定の個人事業者
  • アメリカで活躍している、これから移住するアーティストやプロスポーツ選手
  • アメリカに不動産物件を所有、あるいはこれから購入を検討中の個人投資家
  • アメリカの個人所得税務申告作成および提出が必要な米国市民権・永住権保有者
  • アメリカあるいはアメリカ以外にお住まいの元駐在員の方で、米国税務に関するサービスを求めている個人

ご提供サービス

EOSは、アメリカの主要都市に7箇所の拠点を有し、会計士及びスタッフ 約160名でサービスをご提供しています。また、東京にも駐在員事務所を開設し、日系企業親会社と米国拠点とのパイプ役として機能しています。
各拠点とも、スタッフの多くは「BIG4」と呼ばれる4大会計事務所出身者で日本人または日本語に堪能なスタッフですので、親会社の要求、子会社のニーズ等を的確迅速に判断し、常に最善の施策をご提供することが可能です。
EOSはその経営基盤として、次の様なサービスベースの充実を図っています。

会計・監査
  • 証明業務 (監査、レビュー、コンピレーション)
  • キャプティブ保険会社(監査・税務サービス)
  • 国際会計基準(IFRS) 対応サービス
  • 日本版SOX法(J-SOX)対応サービス
  • 内部監査
  • 会計アウトソーシング(財務諸表作成、連結決算作業、親会社への経理財務報告コーディネーション、月次年次資料作成などその他経理全般)
  • 会計業務プロセスコンサルティング
  • デューデリジェンス
税務
  • 法人税務申告書作成、税務当局による税務調査対応および税務調査立ち合い
  • 個人税務申告書作成、税務当局による税務調査対応および税務調査立ち合い
  • 給与計算、グロスアップ、給与支払プロセスおよび各種税務申告
  • 移転価格スタディ、Advance pricing agreement (APA), 移転価格についてのコンサルティング
  • ASC 740-10文書化サービス
  • 各種税務コンサルティング
  • 法人、個人向けに不動産投資物件に関連する税務サービス
  • 管理業務代行、代理人およびエスクローサービス

最新のお知らせ

Latest News

EOS主催セミナー、新サービス、ジョブフェアへの参加など
EOSの最新活動をお知らせしております。

キャプティブ保険会社の監査及び税務申告サービス開始のお知らせ

日本企業によりハワイに設立されるキャプティブ保険会社は近年増加傾向にあります。我々EOS Accountants LLP(EOS会計事務所)は、日本企業の皆様からのご要望に応えるた...
もっと読む...

弊事務所パートナーの土屋雅庸が執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。

弊事務所パートナーの土屋雅庸が、「会計士から見た、賢い会計士の使い方」の表題で執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。是非一度ご拝読ください。 ...
もっと読む...

全てを見る

会計税務 AtoZ

Acounting and Tax AtoZ

会計・税務に関する最新トピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

CARES法に基づく給与税の支払い猶予

内国歳入庁 (IRS) は、給与税の支払いを猶予する税制措置について、その対象となる雇用者及び個人事業主に向けて通知をしています。昨年のコロナウイルス支援∙救済∙経済安全保障法 (...
もっと読む...

事業用車両の購入における税務上の優遇措置

事業用車両の購入者のための税務上の優遇措置は複数あります。 2021年度においては乗用車の年間の減価償却額の上限が前年度よりやや上昇します。 ボーナス減価償却にて償却を行う...
もっと読む...

全てを見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ