ハワイの物件を取り扱う不動産会社

ホーム » 事例 » ハワイの物件を取り扱う不動産会社

事例ーハワイ不動産会社インタビュー


ハワイのコンドミニアムなどの物件を取り扱う不動産会社

ハワイで不動産を購入し、賃貸物件とする場合、投資家は物件取得後、税務申告準備を行う必要があります。
不動産会社では投資家にEOSなどハワイの会計事務所を紹介します。
そこで、ハワイの物件を取り扱う不動産会社2社の方に今回はインタビューをさせていただき、なぜEOSを彼らのお客様である投資家の方々へ紹介してくださるのか聞いてきました。

EOSを知ったのはどういう経緯ですか?

A社:同業他社である不動産会社から「日本語が通じる会計事務所」ということでEOSを紹介してもらいました。

B社:エスクローオフィサーに「日本語が通じる会計事務所」ということでEOSを紹介してもらいました。

日本のお客様をご紹介していて感じるEOSの強みは何ですか?

A:EOSは東京にも事務所があり、日本のお客様と時差なく話せることでしょうか。。

B:東京に事務所があるので、時差なく直接話せて、日本のお客様は安心感を得ているようです。

EOSについてはどのように評価していますか?

A :対応が迅速で、知識・経験も優れており、費用もリーズナブルだと多くの投資家様からフィードバックをいただいています。

B:込み入ったケースでも親切に解りやすい言葉で説明してもらえますで、我々不動産会社としてもお客様への物件販売時もしくは運用途中の問題がスムースに解決でき助かっています。

最新のお知らせ

Latest News

EOS主催セミナー、新サービス、ジョブフェアへの参加など
EOSの最新活動をお知らせしております。

キャプティブ保険会社の監査及び税務申告サービス開始のお知らせ

日本企業によりハワイに設立されるキャプティブ保険会社は近年増加傾向にあります。我々EOS Accountants LLP(EOS会計事務所)は、日本企業の皆様からのご要望に応えるた...
もっと読む...

弊事務所パートナーの土屋雅庸が執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。

弊事務所パートナーの土屋雅庸が、「会計士から見た、賢い会計士の使い方」の表題で執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。是非一度ご拝読ください。 ...
もっと読む...

全てを見る

会計税務 AtoZ

Acounting and Tax AtoZ

会計・税務に関する最新トピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

CARES法に基づく給与税の支払い猶予

内国歳入庁 (IRS) は、給与税の支払いを猶予する税制措置について、その対象となる雇用者及び個人事業主に向けて通知をしています。昨年のコロナウイルス支援∙救済∙経済安全保障法 (...
もっと読む...

事業用車両の購入における税務上の優遇措置

事業用車両の購入者のための税務上の優遇措置は複数あります。 2021年度においては乗用車の年間の減価償却額の上限が前年度よりやや上昇します。 ボーナス減価償却にて償却を行う...
もっと読む...

全てを見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ