先輩スタッフメッセージ

ホーム » 採用情報 » 先輩スタッフメッセージ

先輩スタッフメッセージ

程山 旭Asahi Hodoyama

程山 旭
所属 ヒューストン事務所 会計部門
インタビュー

ヒューストン事務所再開の一人目としてEOSに入所し、監査業務、税務及び経理業務と様々な方面での経験をすることができています。また色々な業務を行う事により、新たな発見や学んできた知識が洗練されていくのを実感することができ、とてもやり甲斐のある仕事をさせて頂いています。EOSの強みとして、経験豊かな所員とのコミュニケーションが取りやすいという点があります。業務関連の相談だけではなく、世間話しや自分の趣味なども気軽に話ができる仕事場であり、何かあれば上司と相談しやすく、一人で働いているわけではないのだと思うことができ安心して業務に取り掛かかれます。まだまだ未熟な私に色々な指摘を頂くこともあります。しかし指摘だけでなく改善点なども一緒に考えて頂けるので、自分の目標課題など設定し、目標達成できるように自身のモチベーションを保てるのが非常に助かります。

川崎 菜々子Nanako Kawasaki

川崎 菜々子
所属 ニュージャージ事務所、税務部門
経歴 大学卒業後、2019年にニュージャージ事務所に入所
インタビュー

2019年にNJオフィスの税務部門に入所して以来、法人税、個人所得税、売上税、移転価格など日々様々な業務に従事しています。初めての就職で、職務経験がないにもかかわらず、税務部門のシニアやマネージャーなどの上司、周りの同僚など、EOSの皆の親切で丁寧な指導のおかげでスムーズに仕事環境に馴染むことができました。入所以来、税務に関する知識やスタッフとしての技術をはじめ、日々新しいことを学んでいます。スタッフは常に質問するよう、新しいことに挑戦するよう勧められ、そのおかげで常に新しい知識を身に着けられています。EOSには、スタッフが現場での仕事を通して直接先輩方から指導を得られる環境があります。

入所してからの大半の期間が在宅勤務という状況で、当初はとても不安でしたが、EOSから様々なサポートがあり、不安を乗り越えることができました。在宅勤務環境の改善のサポート、定期的なパートナーやマネージャーからの現状についての問い合わせ、ZOOM飲み会の開催等があることによって初めてで不安な状況であっても安心して業務に取り組むことができています。EOSでの支えあいながら、皆が自分のレベルに合わせてチャレンジングできる環境により、私もこの2年で成長することができました。今後入所する新入社員には、自分が今まで経験してきたような親切かつ丁寧な指導ができるように心がけたいです。

後藤 毅男Takeo Gotoh

後藤毅男
所属 ホノルル事務所 マーケティング
プロフィール アメリカイリノイ大学大学院会計学修士
1983年から2004年までAICPA国際会員
20年以上に亘り、日本の外資系企業でChief Financial Officerを経験、退職後グリーンカードを得てハワイに移住   
夢、ハワイそして会計事務所

縁あってEOS Accountants LLP入所することになり、毎日楽しくお手伝いをしております。

1983年にUS CPA試験に合格し、AICPAの国際会員になった時、会計事務所で働いてみたいと思ったことはありましたが、当時は某企業に属し、その会社からの支援で米国大学院(Master of Accounting Science)留学とCPA試験に合格したので、直ぐに会計事務所で働くことはできず、その後2014年までの32年間は会計事務所に監査をお願いする、あるいは会計事務所にDue Diligenceをお願いする、という立場で、経理、税務、財務、予算の仕事を中心に行ってきました。監査を受ける立場の場合には時には見解の相違というか視点の違いから監査法人と議論を戦わしたこともありました。当然のことながら、所属する企業の立場で、許される可能な限り企業の利益となるように仕事をしてきました。

数年前に退職してグリーンカードを得て、長年の夢であった、ハワイに住むようになりました。そしてこの度、ご縁があってEOS でMarketing Advisorとしてお手伝いさせていただいております。これまで自分で日本での確定申告もしてきましたし、米国での税務申告も自分で行ってきましたので、全くの「藤四郎」ではありませんが、入所してまず感じたことは全員のスキルが高く経験が豊富であるということです。どこの企業でも家庭でも、毎日の通常業務、毎日の繰り返しの出来事はこなして当たり前ですが、その企業の、家庭の力は例外が起きた時、これまでにない事件、状況が起きた時、どう対処するかでその企業、家庭の力が問われることになると思います。こちらで処理している案件を調べたら、実に複雑なケース、こんなケースも処理しているのかという位、多くの例外処理をこなしている状況を知り、大変驚いていると同時に尊敬の念をもって経験豊富なスタッフに敬意を表しております。ハワイという場所のためか、夢に描いていたハワイ暮らしということで税務申告をつい忘れてしまったという人も多いようです。そのような人にでも、結果的にハワイ生活が悪夢とならないようにEOSの経験豊富なスタッフが丁寧に対応している姿にシニアとしては感動しています。更に、素晴らしいことはハワイだけでなく、東海岸、西海岸のリソースをも最大限活用しているというところです。時によっては東海岸のクライアントの税務申告を、西海岸のクライアントの税務申告もハワイで処理しているところです。その逆もあります。ハワイで全米のスキルを活用しています。また、日本在住者の方の投資も多く、日本在住者との電話連絡は時差を考えるとハワイから日本在住者を支援するのが効率的です。

そもそもEOSは、日本企業が米国で成功するための手助けをしたいということで1996年Ernst & Youngの石井通雄パートナーがスピンオフして立ち上げた事務所とのことです。実は、自分も30年前の1988年に一度Ernst & Youngの石井パートナーにニューヨークでお会いしたことがありますが、その時、日本企業をサポートする会社を設立したいという夢を初対面の自分に打ち明けてくれ、親切に対応してくれたことを思い出します。 その後、石井は1996年に夢を叶え、EOSを設立、そして全米8箇所および東京に事務所を開設、日本から米国に進出する企業及び米国に投資する日本人をサポートし、多くの日本人、日本企業から喜ばれ、感謝されております。

そして、その石井の思いを今ここで働く後輩が引き継いで日本からハワイに来て憧れのハワイ生活を楽しもうとしている人たちに心こめてサポートしている姿に感動します。 シニアをサポートする若いスタッフも沢山の経験をつめるので幸せだと思います。 もし、税務申告でお困りの方がいたら、あるいはハワイに設立した新会社の経理、会計帳簿等でお困りの方がいたら、EOSはおすすめです。夢を追い求めてハワイに投資した人に、ハワイで成功するためのお手伝いをしたいという人たちが皆様をお待ちしています。

思えば、石井との出会いから30年、自分は会計事務所と近い距離で仕事をしてきました。石井が夢を持ってたように、自分にも夢があり、ハワイで暮らすことはその一つでありました。そして会計事務所で仕事ができるのはさらに思いもよらない夢の実現でした。夢を諦めず、持ち続けることの大切さを改めて認識しました。

夢を求めて海外の会計事務所で働きたいと願っている皆さん、是非EOSに来ませんか?そして一緒に同じく夢を求めてハワイを含めてアメリカに投資する人の相談相手となり、夢の実現のお手伝いをしませんか?

鈴木 有耶AYA SUZUKI

鈴木有耶
所属 ニュージャージー事務所 税務部門
プロフィール ニューヨーク市立バルーク大学を卒業後、結婚出産を得て、EOS会計事務所に入所。母親業とフルタイムの仕事に奮闘中。

税務部における日々の業務内容は、法人税および個人税申告書の作成、税務当局からの通知への対応、四半期毎の予定納税計算等、多岐に渡ります。EOSでは、幅広く様々な角度から税務を経験させてもらう機会を与えて頂き、より深く税金の仕組みを勉強することが出来ます。これまでの経験をもとに、これからは法人の財務諸表のための税効果会計計算や移転価格を含めた国際税務なども勉強し、より法人税に関する知識を高めたいと思っています。

また、EOSでは経験豊かなシニア、マネージャーが多くいますので、自分で考えても解らない時は常に皆さんが優しく指導をしてくれます。私は一緒に働く人々との関係をとても重要と考えますので、親切で温かいニュージャージーオフィスの方々と一緒に働けることにとても感謝をしています。

母親業とフルタイムの仕事を両立させることは非常に大変ですが、子供の病気や学校行事などの際には、自宅勤務を含めたフレキシブル制度が充実していることと、マネージャーやパートナーの方々のサポートのおかげで両立が可能となっています。

マルクス 路子 MICHIKO MARX

マルクス 路子
所属 サンノゼ事務所 税務部門
プロフィール 日本で大学を卒業後、コンピュータメーカーに勤務、その後渡米。紆余曲折のうえ会計の仕事に辿り着きました。休日はジョギング、自転車などアウトドアのスポーツで、カリフォルニアの気候を楽しんでいます。
豊富なサポート

EOSでは色々な形で学ぶことができます。日々の仕事や雑談において、パートナーやマネージャー、同僚は、実務に即した知識、経験を共有してくれます。質問をしたり、意見を求めると、快く応えてもらえます。面識がなくても、メールで質問すると必ずリプライがきて、適切な情報や経験に基づいた有益なアドバイスがもらえます。

私は個人および法人所得税申告書作成に主に携わっています。税務においては税法、条約など、多量でしかも難易度の高いものが含まれた情報があって、それらをどう解釈、適用すればいいのか途方にくれることがあります。そんな時に実務に基づいた的確なアドバイスがもらえるのは本当に助かります。そうした様々な形でのサポートを受けながら、自分で調べ、試行錯誤し、成果物をレビューしてもらい、誤りを指摘され、気づいた誤りを直すという過程において、実践的な知識を含め、とても多くのことを習得できたと思います。お客様へ成果物をお渡しする際には、達成感はもちろんですが、業務の中で成長させてもらっているということを感じ、ありがたいなと感じます。

発言しやすい環境

サンノゼ事務所は、様々な場面において各人の発言も自由だし、各スタッフも含め全員が意見を求められます。また各人の意見も必ず真剣に聞いてもらえます。そのため、とても自分の意見が言いやすい雰囲気ができています。意見を求められると、自分の担当業務に直接的に関係しない事柄も、パートナーやマネージャだけが考えればいい他人事ではなくなります。そのため、スタッフでありながら、管理される立場という受動的な姿勢ではなく、能動的な姿勢で取組もうという気持ちが強くなったと思います。

適切なサービスの提供

入所したばかりのころは知らないことばかりでした。まだまだ自分の知識、経験不足を痛感して不安になることも多々あります。ただ、上司、先輩、同僚との信頼関係など安心感のある環境に置かれてることを感謝しながら、自分の知識を増やし、お客様に適切なサービスを効率よく提供できるように向上に努めたいと思います。

沼倉 直人 NAOTO NUMAKURA

沼倉 直人
所属 ニュージャージー事務所 会計サービス部門
プロフィール お米のおいしい福井県育ちで気付くと三児の父。体を動かすことは基本好きだが、最近は9歳の息子との鬼ごっこに心身の疲れを感じる。渡米前にいた自衛隊では、阪神淡路大震災支援活動を経験、命の尊さ、人に与えられた時間の短さを身をもって経験。

ニュージャージー事務所に入所後、すぐに会計サービス部門に配属されつつも、最初という事で監査作業にも参加させてもらい、2つの違った側面から会計事務所が提供しているサービスを経験しました。今は主に会計サービスを集中して行っており、月次や記帳、税金の支払処理といったサービスを日常の業務としております。

私の作業内容上お客様とのやり取り頻繁にあり、窓口となって質問なども直接受けることが多いですが、近い席にスタッフのサポートを惜しまない経験の豊富なマネージャーの方々が常にいますので、お客様との接触が不安に思うこともストレスに感じることも少なく、大変心強いです。事務所の方たちも皆さん大変優しい方たちばかりなので、大変恵まれた環境で仕事ができているなと感じています。会計サービスには監査や税務と比べて年間の繁忙期というのはないですが、毎月の月締めを中心とする作業になることが多いので、サイクルとしては月初めが多少忙しくなります。

提出期限が近い資料、作業などがある場合は、前もって準備するようしていますが、時間がそれを許さない時などは遅くまで事務所にいることもあり、9時5時の仕事ではないと実感しています。今のところ私の経験の薄さからお客様から質問などを受けた場合には、それを一旦内部へ持ち帰りそれから回答を模索するというプロセスで知識を増やしていくということが多いです。

この時間的余裕で確かにプロセスを通して知識としては増えてはいきますが、プロに任せているいるという意識があるお客様の満足度を上げるまでには貢献できていないような気がします。そんな時に、解決策や提案などお客様に即答するマネージャーの知識量と作業効率の良さを見ると大変やる気が芽生えます。EOSにはそんな会計士のお手本となるようなのマネージャーがたくさんいる職場なので、働けることに毎日意欲を感じています。

最新のお知らせ

Latest News

EOS主催セミナー、新サービス、ジョブフェアへの参加など
EOSの最新活動をお知らせしております。

キャプティブ保険会社の監査及び税務申告サービス開始のお知らせ

日本企業によりハワイに設立されるキャプティブ保険会社は近年増加傾向にあります。我々EOS Accountants LLP(EOS会計事務所)は、日本企業の皆様からのご要望に応えるた...
もっと読む...

弊事務所パートナーの土屋雅庸が執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。

弊事務所パートナーの土屋雅庸が、「会計士から見た、賢い会計士の使い方」の表題で執筆した記事が「Come to America 2021」に掲載されました。是非一度ご覧ください。 ...
もっと読む...

全てを見る

会計税務 AtoZ

Acounting and Tax AtoZ

会計・税務に関する最新トピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

ビジネス利用の車費用の控除と2022年下半期マイレージレート更新

ビジネスのために利用する車にかかる費用として、Internal Revenue Service(内国歳入庁、以下“IRS”)は2つのうちいずれかの計算方法により算出した費用を控除可...
もっと読む...

ASC 842 新リース基準について

新リース基準 ASC 842 Leases 新リース会計開発経緯 借手の会計処理 要約 旧リース会計のおさらいと新リース会計(イメージ) 実務対応 ...
もっと読む...

全てを見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ