会計税務 AtoZ

ホーム » 会計税務 AtoZ » FATCA法(Foreign Account Tax Compliance Act/外国口座報告義務法) による金融機関以外の事業体(NFFE)に関する報告および源泉について

  

FATCA法(Foreign Account Tax Compliance Act/外国口座報告義務法) による金融機関以外の事業体(NFFE)に関する報告および源泉について

06.01.2014 | カテゴリー, Tax

概要

2010 年 3 月に米国雇用関連法 P.L. 111-147 のもとで施行された FATCA 法(外国口座報告義務法)は、米国居住者(個人、法人等)の米国外所有資産の報告義務を強化することで租税回避を防ぐことを目的としています。

この FATCA 法により、金融機関、保険会社、資産運用会社の口座保有者データ開示義務の負担が増えただけでなく、米国居住者は海外資産を幅広く開示することを余儀なくされました。さらに金融機関以外の企業には、源泉徴収義務強化のため、次に述べる新様式 W-8BEN-E を用意するというコンプライアンス上の対応が必要となります。

新様式 W-8BEN-E の導入

FATCA 法施行につき、これまで様式 W-8BEN 提示を必要とする米国源泉の利子、配当、ロイヤルティ、その他の所得を受け取る外国法人は、新様式 W-8BEN-E を支払者に提出しなければ、租税条約の恩典を受けられず、一律受け取り総額の 30%を支払者に源泉徴収されることになります。例えば、米国子会社から日本の親会社に対して配当、利子、ロイヤルティの支払いを行う場合、新様式を親会社から受け取っていなければ、租税条約を適用せずに一律30%で源泉徴収する義務があります。その他、外国法人に支払いを行う場合も同様に、当該様式を非関連会社から受け取り、内容に応じた源泉徴収税率で源泉徴収する必要があります。

従来の様式 W-8BEN は 1 ページの様式でしたが、新様式 W-8BEN-E は 6 ページに及ぶ様式です。2014 年 7 月 1 日以降の支払いには新様式 W-8BEN-E が必要になりますので、親会社、関連会連会社の外国法人に支払を行う場合には予め先方から当該様式を入手するようご配慮下さい。

新様式 W-8BEN-E は次のサイトから PDF でダウンロードできます。

https://www.irs.gov/pub/irs-pdf/fw8bene.pdf

Non-Financial Foreign Entity (NFFE) Information Reporting and Withholding under FATCA (Foreign Account Tax Compliance Act)

General Overview

The Foreign Account Tax Compliance Act (FATCA) was signed into law in March 2010, as a part of the Hiring Incentives to Restore Employment Act of 2010, P.L. 111-147 to curb offshore tax evasion

The release of these regulations significantly increased the compliance burden for not only financial institutions such as banks, insurance companies, and asset management companies but also US residents who hold foreign financial assets. In addition, non-financial foreign entities (“NFEE”) are required to prepare newly released Form W-8BEN-E to abide by the new withholding rules and submit the forms to US withholding agents.

Introduction of New Form W-8BEN-E

With the enactment of FATCA, foreign corporations receiving US source interest income, dividend, royalty and other income are required to submit new form, Form W-8BEN-E to the payers in order to receive income tax treaty benefits rather than being subject to 30% withholding tax. For example, if a US subsidiary pays dividend, interest, and royalty to its Japanese parent company, the US subsidiary should withhold taxes at 30% rate if no Form W-8BEN-E was submitted by the Japanese parent company to claim a reduced withholding rate under tax treaty provisions. Also, in case the US companies make such payments to unrelated foreign corporations, the Form W-8BEN-E should be obtained from the unrelated payees to determine the appropriate withholding tax rates.

The old Form W-8BEN consisted of only 1 page; however, the new Form W-8BEN-E has 6 pages. Since the new form is necessary for payments made on or after July 1, 2014, please contact EOS personnel in charge if you need assistance to obtain the new forms for your parent company and other related foreign corporations.

Form W-8BEN-E is available from the IRS site below.

https://www.irs.gov/pub/irs-pdf/fw8bene.pdf

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ

Bitnami