シリコンバレー編

ホーム » よくあるご質問 » シリコンバレー編

シリコンバレー編

「シリコンバレー」は、米国カリフォルニア州北部サンフランシスコ近郊の⼭と湾で囲まれた狭い半島地域の名称で実在する地名ではありません。 EOS会計事務所サンノゼ事務所およびサンマテオ事務所はこの地域に所在しているので、「EOS会計事務所・シリコンバレー事務所」とも称しています。

「シリコンバレー」という名称は、この地域からヒューレット・パッカード、インテル、オラクル、などのIT企業が生まれたことから、半導体の主原料であるシリコンと渓谷(Valley)という地形に由来します。近年では、アップル、Google、Facebook、Yahoo、アドビシステムズ、シスコシステムズといったソフトウェア・インターネット関連の世界的な企業が同地区で多数生まれIT企業の一大拠点となったことで、「シリコンバレー」はこの地域におけるハイテク企業全体を表すようになっています。

ベンチャーを輩出する優秀な大学、大企業があり、サポートするエンジェルや投資家、専門家、弁護士、ファイナンスの専門家、インキュベーターが密集、共存しており、成長したスタートアップは大企業に買収されたりIPOします。その成功した起業家がまた別の事業をチャレンジしたり、今度はエンジェルになって次の起業家を支援する、という好循環がエコシステムです。そのエコシステムの中でのファイナンシャル、会計・税務のスペシャリストとして、EOSは活発に支援をしています。

インキュベーターの役割は、彼らが支援するスタートアップのビジネスを加速させることです。
一例に、草分けであり、NO.1のインキュベーターのビジネスは、彼らの用意する年2回の3ヶ月間のプログラムにスタートアップを毎回数十社集め、一定額投資をします。そして毎週IT業界の有名人らを呼んでネットワークをしたり、プロトタイプを発表し合ったりして各社のサービスを改良します。投資家の前でプレゼンをさせ、さらなる投資の可能性を作り、それらの企業が成長して売却やIPOすることで利益を得ます。最近では、インキュベーターの数も増えており、投資やプログラムに加え、オフィススペースまで提供するところが主流になっています。それらの多くの企業をはじめその他のスタートアップの方々にEOSは支援サービスをご提供させていただいています。

最近シリコンバレーでは多くの「コワーキングスペース」や「シェアードオフィス」と呼ばれる起業家の共同オフィスが多く誕⽣しています。これらは多くが⺠間、しかも多くの場合個⼈によって運営されています。大部屋に机をならべて、起業家やベンチャー企業の社員が仕事をしています。隣はまったく別のベンチャー企業です。頻繁に外から訪問者があり、マーケティングや資⾦調達などありとあらゆる分野でのフォーラムが⾏われています。シリコンバレーのエコシステムをひとつのビルの中に凝縮したような共同オフィスでは、事業創造のスピードが加速的に早くなります。2011年はサンフランシスコにコワーキングスペースが急激にオープンした年であり、各スペースとも様々な工夫を行っています。これらのコワーキングスペースを利用している日本人起業家の多くの方々をEOSが会計、税務のお手伝いをさせていただいています。

シリコンバレーの主役が半導体からドットコム、ソーシャルと移り変わってきたように、シリコンバレーにおける起業のスタイルも、クラウドファンディングやリーンスタートアップが注目される一方、メーカーズブームでハードウエアに再注目が集まるなど大きく様変わりしてきました。現在、このメーカーズブームによる日本人メーカーズの大半もEOSが会計、税務のお手伝いをさせていただいています。

最新のお知らせ

Latest News

国際会計・税務に関する最新のトピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

東京にて「最近の米国企業買収の留意点」と題するセミナーを開催しました

2018年11月26日(月)、クロスボーダーM&Aでの経験豊富なサウスゲイト法律事務所、企業評価等を手掛けるクリフィックスFAS、および弊事務所の3社主催で、「最近の米国企...
もっと読む...

Boston Career Forum 2018

Boston Career Forum 2018に参加しました

2018 年11月9日および11日に開催されたボストンキャリアフォーラムに参加しました。米国内だけではなく日本からの参加者も多く見受けられ、大変有意義な採用活動となりました。日...
もっと読む...

全てを見る

会計税務 AtoZ

Acounting and Tax AtoZ

国際会計・税務に関する最新のトピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

2018年度個人確定申告

2018年度個人確定申告   2018年度個人確定申告の時期となりました。 2017年12月に米国税制改革法案(Tax Cuts and Jobs Ac...
もっと読む...

新収益認識基準

新収益認識基準 ASC 606「顧客との契約から生じる収益」(Revenue from Contracts with Customers) 米国財務会計基準審議会(FASB...
もっと読む...

全てを見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ

Bitnami