自動車部品メーカーの米国拠点

ホーム » 事例 » 自動車部品メーカーの米国拠点

自動車部品メーカーの米国拠点

米国中西部に米国内拠点を持つ自動車部品メーカー。米国内での製造はもとより、日本や他国からの部品輸入販売も手がけておられます。親会社の監査人からのご紹介でEOSをパートナーとしてお選びいただきました。EOSについての印象や評価をインタビューさせていただきました。

Q. EOSはどのように知りましたか?

A.

日本の親会社からの紹介です。

Q. 数ある会計事務所の中からEOSをお選びいただいた理由はなんでしたか?

A.

以前は地場の個人会計事務所を使っていましたが、米国現地法人の規模が大きくなってきたため、親会社同等の監査レベルを求められるようになり、また税務調査や移転価格調査の可能性も無視できなくなったため、その規模に対応できる会計事務所を探しました。EOSを選定したのは、親会社の監査人からの推薦によってです。

Q. 大手4大会計事務所という選択肢はなかったのでしょうか?

A.

もちろん検討しましたし、見積も取りました。信頼度の高い大手会計事務所も捨てがたい気がしましたが、フィーが圧倒的に高く、費用対効果を考えると、弊社では大手会計事務所の敷居は高すぎました。また、親会社からは、EOSは大手会計事務所よりも小回りが利くと聞いており、会計周りの内部統制等が満足にできていない状態の中で、より親密に相談できるのではないかと考えました。

Q. EOSについての率直な評価をお聞かせください

A.

親会社からの紹介とはいっても、現地レベルではEOSのことは当初は良く知らず不安がありました。会計事務所は一度契約すると変更は容易ではないため、親会社や親会社の監査人が満足するクオリティーが維持できるのだろうかと心配でした。また、現地担当者とのコミュニケーションもうまくいくか心配でした。そこで、とりあえず、個人税務申告書作成業務等から入ってもらいました。この時の対応は非常によく、その後は法人税申告書や監査業務もお願いしています。今では、弊社スタッフと会計士の意思疎通もうまくいき、質問に対する回答も迅速にいただけるため満足しています。

Q. 今後の会計、税務上の懸案はありますか?

A.

弊社では親会社からの製品購入、現地製造に対するロイヤルティー支払等、移転価格問題が山積みです。EOSは移転価格スタディーもサービス提供されているとのことなので、是非相談させていただこうと考えています。

最新のお知らせ

Latest News

国際会計・税務に関する最新のトピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

Boston Career Forum 2017に参加しました

2017年11月17、および18日、ロサンゼルスキャリアフォーラムに続きボストンキャリアフォーラムにも参加しました。主催者報告によると150名ほどの会計専攻をする学生が来場したとい...
もっと読む...

Los Angeles Career Forum 2017に参加しました

弊事務所は今年もロサンゼルスキャリアフォーラムに参加しました。20社程度の参加企業中、6社はビッグ4を含む会計事務所という事もあり、会計・ビジネスを専攻する学生を多く集めた有意義な...
もっと読む...

全てを見る

会計税務 AtoZ

Acounting and Tax AtoZ

国際会計・税務に関する最新のトピックスやハウツーを、
経験豊かな当事務所スタッフが分かりやすくご紹介するコラムです。

新収益認識基準

新収益認識基準 ASC 606「顧客との契約から生じる収益」(Revenue from Contracts with Customers) 米国財務会計基準審議会(FASB...
もっと読む...

Accounting Standards Updateの概略

非公開企業に対するASU(新米国会計基準)の適用時期 2016年12月15日以降の開始事業年度より適用されるASU ASU 2014-10 トピック810 連結財務諸表...
もっと読む...

全てを見る

当事務所についてご興味のある方はお気軽にお問い合わせください

お問い合せ

Bitnami